行政書士の資格を取ると就職の幅が広がる!

女の人

科目対策と利用する素材

勉強道具

合格のための対策

2006年の行政書士の資格試験から、法令科目のうち行政書士法、戸籍法、住民基本台帳法、労働法、税法の5科目が削除されています。このことは、法律家としての専門的な知識を、法令科目の学習を通じて身につけるための目的といわれています。もっとも、これらの科目は完全に削除されたということではありません。一般知識科目の政治、経済、社会などの分野や、情報通信、個人情報保護などの分野において、削除科目に関連する知識を問う出題がされることがあります。資格試験に向けた勉強では、基本的な知識をインプットするためのテキストを選ぶことが大切です。1冊ですべての科目を網羅しているものもあれば、分冊されているものもあります。テキストを選択したら、その本の内容を理解できるまで、何度も繰り返し読みます。自分に合わないからと何度もテキストを交換することは、時間の浪費するので避けたほうがよいです。テキスト購入の際に注意することは、最新の法改正情報を網羅したテキストを選択することです。なぜなら、行政書士の資格試験で科目となっている法律は、かなりの確立で毎年改正があります。そのため、改正された法律に即して書かれたテキストを利用しないと、過去の古い情報をそのまま覚えてしまうことになるからです。また六法は、行政書士の資格試験勉強には必須です。資格試験は、毎年11月上旬から中旬に行われますが、この試験で基準となる法令は、その試験の年の4月1日に施行のものです。