行政書士の資格を取ると就職の幅が広がる!

女の人

職場での活用

法律書

選択肢の広がり

就職において、行政書士の資格試験に合格していることはメリットになります。それは、社内で入札書類や各所への登録申請書類を作成する、営業か総務のような部署に配属されたり、当該作業に従事することができれば、社内で実務演習ができます。また、独立する場合でも活かすことが可能です。入札関連業務でなくても、配属された部署の仕事には、行政書士業務が含まれていることが多いです。そして、資格試験の勉強を通じて得た知識により、同じ仕事も違った角度で見えてきます。また、現在の職場が危なくなっても、資格を取得していれば、独立開業への道が開かれます。学生でいる間に合格した場合、20歳になれば、行政書士の登録申請ができます。そのため、仮に就職先が見つからなくても、卒業してから開業することもできます。また、就職活動をする場合の、就職先の選択肢に法律関連事務所を加えることができます。とくに行政書士事務所にこだわる必要はなく、司法書士事務所や弁護士事務所、会計事務所など、他の士業でも、勤務できれば多くのスキルを身につけることにもなります。そのため、学生は自分の受けている講義のどの部分が、行政書士になったときに活かせるのか、探すことが大切です。また、主婦にとっても行政書士の資格を取得するメリットがあります。それは、ご主人の会社が危なくなったり、事故や病気で収入が不安定になるケースもあります。そのような場合でも、資格を持っていたら、収入を確保することもできます。