行政書士の資格を取ると就職の幅が広がる!

女の人

自分に合ったスケジュール

勉強する女性達

社会人と学生のケース

社会人は、夜や土日を利用して行政書士の資格試験勉強を重点的に行うことが大切です。また、夜勤のある人は、一番時間のとれるときを利用する必要があります。夜に行政書士の講義を受ける時間のある人は、予備校の夜の講座を利用する方法も有効です。自分で資格試験の勉強をする人は、平日プランと休日プランを別に立てることが大事になります。週に2日か3日は、夜の予備校での講義を受け、土日は1日かけて数科目受講したり、模擬試験を受けるなどの方法です。また休日には、行政書士の模擬試験の予定を組み込むことも効果的です。何度も公開模試等を受けるとお金がかかるという人は、自分で模擬試験問題を作成するのも良い方法です。今まで過去問や問題集で、よく間違えたところなどをチェックしておきます。そして、本番と同じ問題数を、本番と同じ時間に、タイマーでセットして、解くという方法で行うと、自宅でとても良い予行演習ができます。学生は講義のないときに、少しでも行政書士のテキストを読んだり、過去問を利用して復習を重ねます。夏休みなどに予備校が利用できるなら、短期集中講座などを利用するのも効果的です。学校の講義が午前中で終わるなら、その日の午後に講座がある予備校のカリキュラムを利用する方法もあります。独学で資格試験の勉強をするのなら、無理のないスケジュールを立てることが重要です。そして、できる限り予定通りに実施するように心がけます。しかし、ノルマが終わらないからといって、徹夜をしたり無理をしてはいけません。予定を修正しながら資格試験の学習をすれば良いだけです。