行政書士の資格を取ると就職の幅が広がる!

婦人

仕事の魅力

SKILL

得た知識と多くの出会い

行政書士の資格を取ると、いろいろな人と関わりながら、その出会いを通じて自分を磨いていく仕事ができます。また、生涯を通じて研鑽が必要な仕事でもあります。そのため、依頼がない時期があっても、その間に研修を受けたり、営業活動を通じて、自分を磨いておくことが大切になります。規則などの改正があるまでは、行政書士会員限定の研修を受けることができるのは、登録や入会をした行政書士だけです。補助者や未登録の行政書士は、行政書士会員限定の研修は受けることができません。つまり、資格を取得して、独立開業することで、受けられるようになる研修が増えるのです。会員限定の研修の場合、各官庁で業務に従事している、県庁の建設業課の方などが講師として教えてくれることがあります。また、警察の方からの風営法に関する研修など、入会していなければ聞く機会のほとんどない貴重な研修もあります。行政書士には、社内でも開業できるというシステムはありません。しかし、資格試験の勉強を通じて得られる知識には、社会人として必要な、基本的なものと、知っておくと便利な知識が含まれています。受験科目を勉強することで、今まで知らなかった法の解釈や、世の中の仕組みなどを学ぶことができます。これらの知識は、資格試験に合格しなくても、それからの人生において活かすことができるのです。また開業して、しばらく実務を経験してから他の業種に応募したり、採用されたときには、そのときの経験や書類作成などの実務能力をアピールできます。

法律書

職場での活用

行政書士の資格を持っていると、営業や総務などで、入札書類や登録申請書を作成する業務で有利になります。また部署での仕事には、行政書士業務が含まれている事が多いため、戦力として必要とされます。また、法律関連事務所を就職先の選択肢に加えることもできます。

勉強する女性達

自分に合ったスケジュール

社会人は一番時間のとれる日時を利用して、行政書士の資格試験の勉強をすることが効果的です。また、休日は本試験と同一時間に模擬試験等で練習をすると理解度が増します。そして、学生は講義のないときや、夏休みなどを利用する方法が適切です。

勉強道具

科目対策と利用する素材

一般知識科目の分野において、削除科目に関連する問題は出る場合があります。また資格試験の勉強で利用するテキストは、何度も交換せず、最初のものを使い続けることが効果的です。そして、六法は行政書士の資格試験では必須といえます。